メルカリの手数料まとめ

0a998e355752f966b620dd5be7ce2408_s
メルカリを利用するときに気になるのが手数料ですね。せっかく買うのなら出来るだけ安く買いたいものです。

今回はメルカリを利用するときにかかる、「手数料」に焦点を絞って記事を書いてみます。

    ページ内目次
  1. 出品者にかかる手数料
    1. かかる販売手数料
    2. 売上の受け取り(振込手数料)
    3. 手数料を無料にするには?
  2. 購入者にかかる手数料
    1. かかる支払手数料
    2. 手数料を無料にするには?
  3. メルカリの手数料は高いのか?
    1. Frilと比較すると?
    2. ラクマと比較すると?

出品者にかかる手数料

出品者にかかる手数料はどのようなものがあるのでしょうか?また、その額はいくらなのでしょうか?

出品者にかかる手数料は下記の通りです。

かかる販売手数料

出品者にかかる手数料としては、まず商品が売れたときに「売上の10%」が販売手数料としてかかります。

例えば1万円の商品が売れたなら、販売手数料は千円ということになりますね。10万円の商品が売れたなら、販売手数料は1万円になります。売上金額に関係なく一律売上の10%が販売手数料になります。

手数料が発生するタイミングとしては、取引きが完了した時に売上から販売手数料が差し引かれた金額が反映されます。

ちなみに送料込みの価格にしていると、送料を含めた価格で販売手数料が発生するので少し高くなってしまいます。

売上の受け取り(振込手数料)

さらに、販売者にかかる手数料はあります。

売上を自分の口座に振り込んでもらう際に振込手数料がかかります。1万円以上なら無料、1万円未満なら「210円」の振込手数料が必要です。

ということは、1万円以上になってから申請すると振込手数料を払わなくて良いことになります。

手数料を無料にするには?

出品者にかかる手数料を無料にする方法はあるのでしょうか?出品者にかかる手数料は販売手数料と振込手数料の2つです。

まず、販売手数料は一律ですから手数料がかからない方法はありません。

しかし、振込手数料は無料にすることができます。売上が1万円以上になってから振込申請を行えば、振込手数料を無料にすることができます。

購入者にかかる手数料

購入者にかかる手数料はどのようなものがあるのでしょうか?購入者にかかる手数料は下記の通りです。

かかる支払手数料

購入者には、商品を購入したあとの支払いに支払い手数料がかかります。支払い手数料がかかる支払い方法は下記の通りです。

    手数料がかかる支払い方法
  • コンビニ払い
  • ケータイ決済
  • ATM払い

この支払い方法を選択すると、全て100円の支払手数料が発生します。

手数料を無料にするには?

購入者にかかる手数料を無料にするには、支払手数料が0円になる支払い方法を使用します。

そんな支払手数料のかからない方法とは下記の通りです

    手数料がかからない支払い方法
  • カード払い
  • 売上金使用
  • ポイント使用

100円って大したことのない金額と思うかもしれませんが、積もり積もれば大きな金額となります。

手数料がかからない方法で支払えるなら、その支払い方法を選ぶ方が良いでしょう。

メルカリの手数料は高いのか?

メルカリの手数料がどれだけかかるのかを確認していると他のフリマアプリと比べて高いのか安いのかが気になってきます。ですので2つのフリマアプリと比較してみました。

Frilと比較すると?

ファッションに特化したフリマアプリのFrilですが、メルカリとの手数料の差はどのようになっているのでしょうか?

出品者にかかる手数料はメルカリと同じです。Frilでも同じように出品者に10%の販売手数料がかかります。

振込申請も同じように1万円以上なら無料、1万円未満なら210円の振込手数料がかかります。

では、購入者にかかる手数料はどのようになっているのでしょうか?

こちらもメルカリと同じでコンビニ払い、ケータイ決済、ATM払いの場合のみ100円の手数料が発生します。

つまり、Frilでかかる手数料はメルカリと全く同じということになります。

ラクマと比較すると?

ラクマでかかる手数料はどのようになっているのでしょうか?

ラクマでは、販売手数料はなんと無料となっています。

その代わり売上金の振込申請が1万円未満なら216円、1万円以上なら無料です。1万円未満ならメルカリの方が6円だけお得ですね(笑)

では、購入者にかかる手数料はどのようになっているのでしょうか?こちらはコンビニ払い、ATM払いの場合のみ216円の手数料が発生します。

クレジットカード、売上金利用、ポイント利用は手数料が発生しないのはメルカリと同じです。

ですので、メルカリと比べて販売手数料は安いがその他の手数料は高いということになります。


メルカリの手数料は高いという声もありますが、他のフリマアプリと比較してもそれほど差はありません。

メルカリを利用する利点は、その圧倒的な利用者の多さによる商品の売れやすさです。

10%支払わないで購入してくれる相手を探し続けるより、10%支払ってでも購入してもらう方が得だと思います。

また、手数料が安いサービスは後々に手数料を上げてくる傾向にありますので、もしかしたらラクマの手数料も上がるタイミングが来るかもしれません。

-是非読んで欲しい記事-
メルカリを使ってお金を稼ぎませんか?方法やコツなど