メルカリの取引をキャンセルする方法【購入者】

098294431eeff861f771164ce23af4e6_s
メルカリを利用しているとどうしても取引をキャンセルしたい場面に遭遇すると思います。

例えば、商品を間違って購入した時、購入したけどやっぱりいらない時、はたまた相手から商品が届かない時…。

今回は、自分が購入者のときに取引をキャンセルしたいときはどうすれば良いのかを紹介していきます。

    ページ内目次
  1. 取引をキャンセルするにはどうしたらいい?
  2. 出品者が発送してくれないのでキャンセルしたい場合は?
    1. 出品者が商品をいつまでたっても発送しない場合
    2. 出品者が同意してくれる場合
    3. 違った商品が届いた場合
  3. 受取通知をしてしまったら?
  4. 取引をキャンセルしたときのペナルティは?

取引をキャンセルするにはどうしたらいい?

取引をキャンセルするためには条件が必要です。すなわち、何でもかんでも取引をキャンセル出来るわけではないのです。

基本的に、購入者が一方的に原因のあるキャンセルは認められていません。

例えば「購入したけどやっぱりいらない」、「購入したけど他で安いのを見つけたから」そういった一方的な理由はキャンセル不可です。

取引をキャンセルできる条件

メルカリで成立した取引をキャンセルできる条件は下記の通りです。

出品者が商品をいつまでたっても発送しない場合

出品した人がいつまでたっても商品を発送してくれない時は、正当なキャンセル事由となります。

購入者が取引をキャンセル出来るのは、「発送までの日数」を3日過ぎても発送されず、出品者からの取引メッセージも3日以上ない場合です。

発送期間を過ぎると、運営にキャンセルを連絡するボタンが取引画面に表示されます。

出品者と連絡が取れないときは、そこから取引をキャンセルしましょう。

出品者が同意してくれる場合

間違って商品を購入してしまった場合は、出品者と購入者でキャンセルの合意があれば可能です。

まずは出品者に間違って購入してしまった旨を伝えましょう。その後、運営にキャンセルの連絡をします。

アプリのメニューから「お問い合わせ」→「お問い合わせ項目」→「トラブルがあった」→「購入者側」→「お問い合わせする」と進みましょう。最後に商品IDとお問い合わせ内容を入力して完了です。

と言うことは、「購入したけどやっぱりいらない」と言う理由でも、相手が同意さえしてくれればキャンセル出来るのです(笑)

違った商品が届いた場合

違った商品が届いてしまった場合であっても、相手の同意があればキャンセルすることは可能です。

違う商品が届いてしまったら、必ず評価をつける前に出品者と連絡を取りましょう。

評価をつけると取引が成立してしまったことになり、キャンセルが出来ません。

出品者へキャンセルを依頼し、商品を返品します。返品は届いたときの箱に入れて送り返すだけなので簡単です。

ちなみに、出品者が正しい商品を送ると言う場合は、キャンセル不可です。

受取通知をしてしまったら?

受取通知をして取引が成立してしまうとキャンセルは難しくなります。取引が成立してしまうと売上金が反映されてしまい、返金されなくなるためです。

評価をする前に、商品の状態を確認して本当に評価をしても良いか考えるようにしましょう。

不良品が届いたので悪い評価をしてしまった、違う物が届いたので評価をつけてしまったと言うことの無いように!

言い換えますと、評価をする前までであればある程度キャンセルの可能性はあるのですが、評価をしてしまうとほぼキャンセル不可です。

取引をキャンセルしたときのペナルティは?

取引をキャンセルすることで一番気になるのは、やっぱりペナルティ(悪い評価)がついてしまうかどうかと言うことですよね。

商品を購入したにも関わらずキャンセルをしたくてお金を支払わない場合
商品が届いているにも関わらずキャンセルをしたくて受取通知をいつまでもしない場合
などなど、当然ペナルティの対象です。

実はペナルティには種類があります。その悪質さによってペナルティのレベルが違います。

  • 軽度なペナルティ→数時間アカウント停止
  • 普通のペナルティ→1週間アカウント停止
  • 重度なペナルティ→永久アカウント停止

当然、メルカリからの規制だけではなく、出品者から悪い評価が付く可能性もあります。

基本的にメルカリはキャンセルを認めていないので、自己都合によるキャンセルはペナルティを受ける可能性があるということを理解しておきましょう。

-是非読んで欲しい記事-
メルカリを使ってお金を稼ぎませんか?方法やコツなど