売上の振込申請についてまとめ

0e7ce46af2920ad048c196e55afdcb07_s
メルカリの売上金を現金として手に入れるには、振込申請を行わなければなりません。手数料や時間帯など、今回は振込申請について紹介していきます。

    ページ内目次
  1. 振込申請のやり方
    1. 振込申請ができる最低金額は?
    2. 振込申請の手数料は?
    3. 複数振込申請を行うと手数料はどうなる?
    4. 振込申請できる時間帯は?
  2. 銀行口座を持っていないと申請できないの?
  3. 申請中に退会するとどうなる?
  4. 振込申請をキャンセルするには?

振込申請のやり方

売上の振込申請は、下記の方法で行います。

[1]画面左上にある「三」のメニューアイコンをタップ
a4

[2]メニューから「設定」を選択
a3

[3]「売上・振込申請」を選択
a2

[4]「振込申請して現金を受け取る」を選択
a1

[5]振込先口座を入力して申請を行う
a

振込申請ができる最低金額は?

売上の振込申請ができる最低金額はいくらなのでしょうか?振込申請ができる最低金額は211円です。振込を行うには、売上金の残高が211円以上ある必要があります。

ですので、211円以下のときは振込申請を行うことは出来ません。最低出品価格が300円なのでそういう場面は少ないでしょうが、不足している場合は、新たに商品を出品して売上を増やしましょう。

ちなみに、招待などで手に入れたポイントは振込申請して現金にすることはできません。

振込申請の手数料は?

振込申請に手数料はいくら必要なのでしょうか?振込申請が1万円未満の場合は210円の振込手数料がかかります。

売上残高が211円以上でなければ申請できないのは、手数料で210円必要になるのが理由です。この振込手数料は、申請金額が1万円以上であれば無料で振り込んでもらうことができます。

販売手数料で10%引かれた売上金から、さらに210円引かれるというのはもったいないので、出来るだけ1万円以上で申請を行うようにしましょう。

複数振込申請を行うと手数料はどうなる?

振込申請を複数行うと、その手数料はどうなるのでしょうか?結論から言いますと、それぞれに手数料がかかります。

例えば4000円と7000円を振込申請したとします。どちらも1万円以下なので、合計420円の振込申請がかかります。

4000+7000=11000で、10000円を超えているからと言って手数料が無料になるということではありません。

振込申請できる時間帯は?

振込申請には、受け付けできる時間帯はあるのでしょうか?振込申請は24時間いつでも申請することができます。

ただし、振込申請には締切日が設けられており、申請したタイミングによって振り込まれる日付が変わってきます。ちなみに振込申請の締め切り日は、毎週月曜日です。

ですので月4回まで振り込んでもらうことが可能ということになります。具体的な振込スケジュールは、メルカリのガイドから確認することができます。
メルカリ ガイド

銀行口座を持っていないと申請できないの?

振込申請には銀行口座が必要になります。ですので、銀行口座を持っていないと振込申請を行うことはできません。

売上金は、商品購入時の支払いに使用することができますので、銀行口座を持っていない人は商品の支払いに使用しましょう。

ちなみに、ゆうちょ銀行も振込口座として指定することができます。

申請中に退会するとどうなる?

振込申請を行ってからメルカリを退会するとどうなるのでしょうか?申請中に退会しても、振込は行われます。

ただし、口座が間違っているなどで振込が出来なかった場合、再度申請を行って振り込んでもらうことができなくなります。

急いで退会しないといけないほどの特別な理由なんて滅多に無いはずなので、必ず振込を確認してから退会するようにしましょう。

振込申請をキャンセルするには?

振込申請をキャンセルするにはどうすればよいのでしょうか?振込申請のキャンセルは、「振込申請履歴」から行うことができます。
a5

ただし、振込申請をキャンセルできるのは、振込申請を行ってから24時間以内です。24時間を経過すると、キャンセルボタンが消えてしまうのでキャンセルできなくなります。

振込申請後に新たな売上が発生したのでまとめて振り込むようにしたいということは多々あるので、振込申請のタイミングはよく考えて行いましょう。

-是非読んで欲しい記事-
メルカリを使ってお金を稼ぎませんか?方法やコツなど