メルカリで出品してはいけない物とは?

メルカリで出品してはいけない物とは?
実はメルカリでは出品してはいけない物があります。こ出品してはいけない物を知らずに出品してしまうと、最悪の場合アカウントが凍結削除される場合もあります。

    ページ内目次
  1. メルカリで出品禁止物があるってほんと?
  2. メルカリで出品してはいけない物
    1. ブランドコピー品・海賊版CD/DVD
    2. 同人誌や非公式グッズ
    3. iTunesカードやGooglePLAYカード
    4. たばこ
    5. 公序良俗に反する商品
    6. ゲームデータやアカウント
  3. 禁止物を出品したらどうなる?
    1. 軽微な禁止物の場合
    2. 重大な禁止物の場合
  4. 禁止物が売られているのを見つけたら
    1. 通報するには?

メルカリで出品禁止物があるってほんと?

メルカリは便利なフリマアプリですが、出品してはいけない、いわゆる出品禁止物があります。

出品してはいけない物のリストはメルカリ公式で下記のように列挙されています。

  1. 法令に違反する商品
  2. 主として武器として使用される又はそのおそれのある目的を持つ商品
  3. 他のユーザーの権利を侵害する又はそのおそれのある商品(偽ブランド品を含むがこれに限られないものとします)
  4. 犯罪等によって入手した商品
  5. 公序良俗に反する商品(アダルト関連の商品、わいせつな商品、児童ポルノに関連する商品を含むがこれらに限られないものとします)
  6. 商品の販売の際に、法律上の許認可が必要な商品
  7. 人体・健康に影響を及ぼすおそれのある商品
  8. コンピュータウィルスを含むデジタルコンテンツ
  9. 一つの商品でありながら代金を複数に分割して出品された商品
  10. 道路運送車両法上の所有者の変更登録が直ちにできないまたはそのおそれがある自動車およびオートバイ
  11. 債券、有価証券、保険等の金融商品
  12. 人体、臓器、細胞、血液またはそれに類するもの
  13. 生き物
  14. 盗品
  15. 物品ではないもの(情報、サービスの提供、会員権などの権利を含むがこれに限られないものとします)
  16. その他、弊社が不適切と判断した商品

メルカリ公式サイト-利用規約

利用規約を見てみると、一体何の商品を売ってはいけないのか分かりづらいので、具体的にどのような商品を売ってはいけないのかまとめます。

メルカリで出品してはいけない物

メルカリで出品してはいけない物のなかから、特に注意しておかないと「出品してしまう可能性」がある物品をまとめました。

ブランドコピー品・海賊版CD/DVD

当然ですが、ブランドコピー品や海賊版CD/DVD、PCソフトやゲームソフトの販売は禁止されています。

ブランド品は商標法、海賊版CDやゲームなどは著作権法で厳重に管理されています。

この法律を無視してメルカリで販売した場合、ヘタするとアカウント削除どころではなく逮捕される可能性があります。

詳しくはこちら
メルカリで偽物を売ったらどうなる?

同人誌や非公式グッズ

同人誌や公式が認めていないいわゆる非公式のグッズの販売もメルカリでは禁止されています。

同人誌はコミックマーケットや一部書店で販売されていますが、メルカリでは出品が禁止されています。

特にアダルト物になると二重に禁止されていますので注意しましょう。

普通の書店で販売されているコミックや雑誌などは、公式から出版されていますので中古本として販売しても問題ありません。

iTunesカードやGooglePLAYカード

意外と思われるかもしれませんが、iTunesカードやGooglePLAYカードのような、いわゆるオンラインで使うギフトカードも出品禁止です。

理由は明白ではありませんが、おそらく犯罪組織の決済方法としてメルカリが使われるのを防ぐためではないでしょうか?

もしくは、メルカリ内のポイントを用意に現金化出来てしまうことを防ぐためであるかもしれません。

当然、AmazonギフトやVプリカなども全て売ってはいけない禁止物となります。

たばこ

パチンコで買った時や、海外でたばこを大量に購入した時に、メルカリで転売することが出来ればお金を稼ぐことが出来ると思いの方。

残念ながらメルカリではタバコの販売も禁止されています。メルカリで禁止と言うか、たばこの無許可での販売は法律で禁止されています。

たばこ事業法によると、無許可でたばこを販売した場合は30万円以下の罰金となります。違法ですのでメルカリの対応も非常に早いようです。

公序良俗に反する商品

公序良俗に反する商品とは一体なんぞや?と思うかもしれませんが、非常に砕けて言うとアダルトが主です。

例えばアダルトな要素を含んだ制服その他衣服などは出品禁止です。当然普通に制服や衣服を売るのは問題ありません。

どういった場合に公序良俗に反するかというと、例えば必要以上に出品者の写真を載せている、体のラインを必要以上に見せているなど、総合的に判断されるでしょう。

ちなみに、何が公序良俗に反するかはメルカリ公式が決めることなので、こちらが言い訳をしても無駄です。

ゲームデータやアカウント

パズドラやモンストなど、ゲームのアカウントは高く売買されることがありますが、メルカリでは禁止されています。

出品してはいけない物リストにゲームなんて書いてないと思う人もいるでしょうが、「物品ではないもの」に該当しています。

ですので、無形のものであるゲームデータやアカウントは、出品してはいけない物ということになります。

ときどき、うまい棒のおまけとしてデータを販売しているものを見かけることがありますが、これも規約違反の対象となります。

禁止物を出品したらどうなる?

メルカリで売ることが禁止されている、禁止物を出品したらどのような規制や制裁が待っているのでしょうか?

軽微な禁止物の場合

軽微な違反の場合は出品が削除されます。

例えば個人で少ない枚数のitunesカードを販売していたり、少ない数の非公式アニメグッズを販売している場合ですね。

また、メルカリは仕事として商品を販売することは禁止されていますので、大量に同じ商品を出品したりしても削除されることがあります。

重大な禁止物の場合

もっと重大な禁止物を出品した場合はアカウント削除される可能性があります。

アカウントを削除してもフェイスブックアカウントを変えて登録しなおせば再度登録出来ますが、禁止物の出品を繰り返すことはやめたほうが良いでしょう。

特にブランド品のコピーや海賊版DVDなどの場合は逮捕される可能性があります。

禁止物が売られているのを見つけたら

メルカリでは禁止物の出品を随時チェックしているようですが、すべての商品がチェックされているかといえばそうではありません。

もし、禁止物が出品されているのを見かけたら通報することで出品を削除してもらうことが出来るようです。

特に自分の盗品が売られていることを発見した場合は迅速にメルカリに連絡しましょう。警察にも通報することで犯人から商品を取り返すことが出来ます。

通報するには?

メルカリで通報するにはどのようにすればよいのでしょうか?

メルカリで通報するのはとても簡単で、商品ページから行うことができます。

画像赤枠のところ、コメントの右隣をタップすると「不適切な商品の報告」と表示されます。
aa
これはAndroidの場合で、iPhoneなら旗のマークが表示されています。

「違反の種類」や「お問い合わせ内容」を入力して送信すれば完了です。

-是非読んで欲しい記事-
メルカリを使ってお金を稼ぎませんか?方法やコツなど