iPhoneを売買するときに気をつけるべきことまとめ!

65dfa8d077e63f98e93f1f45890b01ad_s
新作のiPhoneが発売されると、メルカリでのiPhoneの出品も多くなります。今回は、iPhoneを中古で購入するときに気をつけたいことに焦点を絞っていきます。

    ページ内目次
  1. iPhoneの売買で気をつけるべきこと
    1. アクティベーションロックとは
    2. IMEIとは
    3. ネットワーク利用制限とは
  2. 出品者が気をつけること
    1. アクティベーションロックを解除しておく
    2. サインアウトしてからデータの初期化
    3. IMEIを記載しておく
  3. 購入者が気をつけること
    1. IMEIが記載されている出品を選ぶ
    2. アクティベーションロックの解除を確認してもらう
    3. ネットワーク利用制限がかかっていないことを確認する
  4. アクティベーションロックがかかった端末を購入してしまったら?
    1. 遠隔操作で解除してもらう
    2. 出品者と連絡が取れない場合

iPhoneの売買で気をつけるべきこと

iPhoneを売買するときには、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

携帯電話に関する注意としては、メルカリガイドの禁止されている出品物に、下記のような記述があります。

アクティベーションロックやネットワーク利用制限のかかった携帯電話、残債がある携帯電話、契約中の携帯電話
※ご契約状況・入手経路やIMEI(端末識別番号)を証明する記載・掲載をお願いします。不確かな場合は出品を控えてください。
メルカリガイド

ちょっと見慣れない単語が多く並んでいますが、注目すべきは「アクティベーションロック」「IMEI」「ネットワーク利用制限」の3つです。

アクティベーションロックとは

アクティベーションロックとは、iPhoneを無くしたり盗まれたりしても、誰かに使われないようにするためのものです。

このロックがオンになっていると初期化や再アクティベーションをすることができません。

IMEIとは

IMEIとは、iPhone1台1台に割り当てられている端末識別番号のことです。いわゆる製造番号ですね。

IMEI番号はiPhone本体背面、もしくはiPhoneを操作して「設定」の「一般」から「情報」をタップすると表示されます。

ネットワーク利用制限とは

ネットワーク利用制限とは、各キャリアが支払い状況などによって通信を制限する制度です。

支払いが滞納されていたり、不正に入手されたiPhoneなどにネットワーク利用制限がかかります。

ネットワーク利用制限がかかっているiPhoneは、simカードを入れても電話やネットを使うことができません。

ただし、規制の対象はキャリア通信ですので、Wi-Fi接続での使用は可能です。

出品者が気をつけること

メルカリでiPhoneを出品するときに、出品者はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

アクティベーションロックを解除しておく

メルカリでiPhoneを出品するときは、必ずアクティベーションロックを解除しておきましょう。

iPhoneを初期化したとしても、ロックがかかったままの状態になります。アクティベーションロックは下記の方法で解除することができます。

  1. iPhoneの設定を開く
  2. iCloudを選択
  3. 「iPhoneを探す」を選択
  4. 「iPhoneを探す」の項目をオフにする
  5. AppleIDのパスワード入力を入力
  6. 「iPhoneを探す」がオフになったことを確認する

これでアクティベーションロックが解除されて、初期化を行える状態になります。

サインアウトしてからデータの初期化

アクティベーションロックが解除されたら、iPhoneの初期化を行います。ただし、その前にiCloudからサインアウトしておく必要があります。

サインアウトしないでデータを削除してしまうと、iCloudにサインインしている他のデバイスからもデータが消えてしまいます。また、購入者がアクティベートすることができないので、必ずサインアウトしておきましょう。

サインアウトは、「設定」から「iCloud」を選択し、一番下にある「サインアウト」をタップすると完了です。

初期化は「設定」から「一般」を選択、「リセット」から「すべてのコンテンツと設定を消去」で行えます。

IMEIを記載しておく

商品の説明欄に、IMEIを記載しておきましょう。IMEIの記載は、メルカリのガイドにも記載・掲載するようにあります。

ちなみに、IMEIがわかると「アクティベーションロック」と「ネットワーク利用制限」の状態がわかるので、不正に入手したものではないなどの証明にもなります。

こうした情報をきちんと確認できるのは、信頼度が高くなりますし、購入するときの決定打になることもあります。

購入者が気をつけること

メルカリでiPhoneを購入するときに、購入者はどのようなことに気をつければ良いのでしょうか?

IMEIが記載されている出品を選ぶ

IMEIが記載されている出品を選ぶようにしましょう。IMEIがわかれば、アクティベーションやネットワーク利用制限の状態を知ることができます。

記載されていない場合は、出品者に聞くか他のiPhoneを探した方が良いでしょう。値段が安かったとしても、使うことが出来なければ意味がありません。

アクティベーションロックの解除を確認してもらう

アクティベーションロックの解除を行ったのか確認しましょう。アクティベーションロックがかかっていると、初期化したとしても再アクティベーションできないので、iPhoneを使用することができません。

アクティベーションロックは、IMEIまたはシリアル番号がわかっていればネット上で簡単に状態を確認することができます。
Check Activation Lock Status – iCloud

ネットワーク利用制限がかかっていないことを確認する

ネットワーク利用制限がかかっていないことを確認します。ネットワーク利用制限の確認は、各キャリアでIMEIを入力すると確認することができます。

検索結果が○のものなら問題ありません。ちなみに各記号の意味は下記の通りです。

  • 「○」:ネットワーク利用制限はかかっていない状態
  • 「△」ネットワーク利用制限はかかっていないが、本体代金が分割で支払い中など、支払いに延滞があった場合などにかかる可能性がある状態
  • 「×」ネットワーク利用制限がかかった状態

アクティベーションロックがかかった端末を購入してしまったら?

アクティベーションロックがかかった状態の端末を購入してしまった…そのときはどうすれば良いのでしょうか?

遠隔操作で解除してもらう

アクティベーションロックは、遠隔操作で解除することができます。出品者に連絡を取り、ネット上で解除してもらいましょう。

  1. icloud.comにアクセス
  2. 『iPhoneを探す』をクリック
  3. 『すべてのデバイス』から対象のiPhoneを選択
  4. 『iPhoneの消去』を選択
  5. アップルIDパスワードを入力して『次へ』を選択
  6. 何も入力せずに『次へ』、『完了』を選択
  7. 『アカウントから削除』を選択

これで次にiPhoneがネットに繋がった時点でデータの削除が始まり、再アクティベーションできる状態になります。

出品者と連絡が取れない場合

アクティベーションロックがかかった状態のiPhoneを購入してしまい、出品者と連絡が取れない場合はどのようにすればよいのでしょうか?

この場合は解除する方法はありません。アクティベーションロックは盗品転売を抑制するための機能なので、これが解除できてしまうと意味がありません。


新しいiPhoneが発売されると、メルカリのiPhoneの出品も多くなります。購入しても使えないということのないように、出品、購入するときはお互いに気をつけるようにしましょう。

-是非読んで欲しい記事-
メルカリを使ってお金を稼ぎませんか?方法やコツなど